1. リンク集
  2. お問合わせ先
  3. アクセスマップ

新潟大学 工学部

グローバルエンジニアを目指そう!工学力×英語力

一覧PICKUP NEWS

2017.11.28新着情報留学情報
フィリピン・セブ短期派遣プログラム事前説明会について「フィリピン・セブ短期派遣プログラム」参加学生募集と事前説明会の開催についてお知らせしています。
2017.10.19英語学習
工学部グローバル人材特別賞の表彰について工学部学生の英語力向上と海外留学の奨励を目的とした「工学部グローバル人材特別賞」についてお知らせしています。
2017.05.10留学情報
「学生交流プログラム2017 in ハノイ」事前説明会について工学部で新しくスタートする留学プログラムの事前説明会を開催します。
2017.02.08イベント
工学教育国際フォーラムの開催について3月10日に中央図書館ライブラリーホールにて,工学教育国際フォーラムを開催します。
2016.10.04英語学習
工学部グローバル人材特別賞の表彰について工学部学生の英語力向上と海外留学の奨励を目的とした「工学部グローバル人材特別賞」についてお知らせしています。
2016.08.04留学情報
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校英語研修募集説明会について大学院自然科学研究科主催「平成28年度イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校春期海外英語研修」の募集説明会が開催されます。
2016.06.10留学情報
海外インターンシップ・プログラム事前説明会について「海外インターンシップ・プログラム」参加学生募集と事前説明会の開催についてお知らせしています。
2016.04.21その他
サイトを更新しました
2016.03.02その他
「学生の声」を更新しました
2016.02.05その他
スマート・ドミトリーのページで紹介されています工学部の「スマート・ドミトリー」プログラムに参加している学生が「優秀な卒業生=トップ・グラジュエイツエイツ」を目指して,グローバル教育プログラムにも積極的に参加しています。
2016.01.26イベント
国際シンポジウム「Fusion Tech」に参加しました1月19日〜21日に中国・ハルビン工業大学において第5回目の「Fusion Tech」が開催され、学生24名、教職員13名の合計37名が参加しました。
page top

グローバル人材って?

これからの工学の世界はよりグローバルに!

工学部では、工学に関する幅広い基礎力と高い専門性を身につけ、国際コミュニケーション能力と異文化理解を備えた、
21世紀の国際社会で活躍できるグローバルエンジニアを育てます。

インターネット社会
誰もが簡単に世界を相手に情報を収集・発信できる時代、世界とのコミュニケーションが不可欠です。
豊富な海外マーケット
縮小傾向にある国内マーケットに対し、成長著しい東南アジア等のマーケットは今後の企業展開にとって魅力的です。
語学検定の活用
留学や大学院入試、就職・昇進等にTOEICなどの語学検定が活用されています。
工場の海外移転
海外企業とのコスト競争を生き残るために、多くの日本企業が生産の拠点を海外に移しています。
新しい技術の世界への発信
競争相手は世界です。激しい競争に勝ち残るために、新しい技術を世界に発信しなくてはなりません。
国際間での共同研究開発
研究・技術開発も国内のみで行うだけでなく、他国と協力して行う時代です。
page top

工学部グローバル教育プログラム

page top

学生の声

留学は心がけ次第で自分の英語力を存分に試すことができます。
海外インターンシップに参加
機械システム工学科2年
岩崎 光
さん

S.P.A.C.E.プログラムの終わりに、自分の英語力を試したいと考え、より実践的な仕事を通じて英語を話すために参加しました。私にとって初めての海外であり、そしてとても緊張して臨んだインターンシップでしたが、本当に行ってよかったと思っています。・・・

続きを読む
きっかけを見つけることは成長のチャンス。
Fusion Techに参加
化学システム工学科4年
折原 雄也さん

四年間新潟大学工学部に所属し、英語学習を通して実際に経験したことや感じたことを書きます。何かを特記したものではないので参考程度にもならないかもしれませんが、最後まで読んでいただけると幸いです。
一年目に、ある先生に勧められ「S.P.A.C.E.」という・・・

続きを読む

他の学生の声も見る
page top

FAQ

授業や留学について、皆様からお寄せいただいた質問にお答えしています。
詳しくは下記のリンクより「よくある質問」をご確認ください。

よくある質問はこちら

page top
Copyright(C) Faculty of Engineering, Niigata University,All Rights Reserved. Niigata University